たにまのひめゆり

暮らしの『レシピノート』

【防災対策】地震が起きたらマスクは必須アイテム!おすすめ粉塵マスク

スポンサーリンク

地震が起きたときに粉塵マスクは必要です

f:id:miyamarin:20180201130441j:plain

有害な粉塵から身体を守るためにマスクを

こんにちは。

巨大地震が起こったときに、必要なものをご紹介させていただいております。

命を守るためのホイッスルや消火器などは必ずご用意ください。またライフラインが断たれることを考えて、水を汲むための給水タンクも必要になってきます。

そしてマスクもまた、身体を守るために必要なアイテムです。

地震後の有害な粉塵とは

地震によって多くの建物が崩壊すると予想されています。

家屋の倒壊により、コンクリートや断熱材、土砂、ほこりが大気中に舞い上がります。とくに、石綿(アスベスト)は身体に悪影響を及ぼします。このような塵は有害です。

マスク着用は、厚生労働省で勧めていますので、ご覧ください。

「粉じん」を長期間吸い込んだ場合、肺にそれらが蓄積することで、「じん肺」という病気にかかる可能性があります。「じん肺」は、建造物の解体などに従事する方におこりやすく、初期には自覚症状がないため、気づかない間に進行し、やがて咳、痰、息切れがおこり、さらに進行すると呼吸困難、動悸、さらには肺性心といって、心臓が悪くなり、全身の症状が出現します。「じん肺」を根治する方法はないため、予防が非常に重要です。

出典:被災地での健康を守るために|厚生労働省

瓦礫が撤去されるまで、かなりの時間がかかります。

粉塵マスクは必要です。

3Mの粉塵マスク

こちらは3Mのもので、厚生労働省が定める国家検定区分2に合格したマスクです

f:id:miyamarin:20180201133014j:plain

f:id:miyamarin:20180201133155j:plain

カップ型になっていて、裏側はこのようになっています。使用可能時間は、11時間で、蒸れにくいのが特徴です。

他にもいろいろあり、お値段も変わってきます。

こちらも準備しています。スモールで、しかも調整可能なので、女性やお子さまによいかなと思っています。使用時間も16時間と長く、携帯に適しています。

花粉用のピッタマスク

ポリウレタンでできた花粉用のマスクです。残念ながら粉塵用ではありませんが、いろんな種類を用意しておくのもよいかと思います。

キッズ用もあります。

こちらは、ポリウレタンではなく、不識布でできています。

スポンサーリンク

 

粉塵用のマスクのまとめ

健康被害から守ってくれる粉塵マスクのご紹介でした。

あって便利なものが少しずついろいろあるよりは、本当に必要なものを、厳選して置いているほうがよいと考えています。

我が家は、そんなに多くのものを置いているわけではありません。ただ絶対に必要なものは揃えています。

今一度、ご確認をお願いいたします。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

りんの独り言

阪神淡路断震災が、1月17日、東日本大震災が、3月11日。どちらも被災しました。

だからでしょうか。どうしてもこの時期に、地震のことを強く思い出します。

神戸での時は、粉塵マスクなど用意していませんでした。マスクは家にあったので、出かけるときは着用。外の空気は、いつも淀んでいて、外出先から戻ってくると、体中が粉っぽい。髪も洋服もすべて。それが数週間、数か月経つと、普通になっていました。当時、まだアスベストを使った建物が多くありました。本当に恐ろしいですね。

明日から、また雪が降るそうです。雪に慣れていない地域にお住いの方は、ご苦労も多いと思います。自分ですべて背負いこまないで、お近くの方とご協力し合ってください。わたしが言うのもあれですが、案外、そういうのも悪くないなと思うこの頃です。