たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【レディースファッション】【骨格診断】自己判断でどこまでわかる!?

スポンサーリンク

骨格診断とは?

f:id:miyamarin:20170403204432j:plain

生まれもった体型

こんにちは。

骨格診断とは、人が生まれもった体のラインや質感で判断した体型によって、似合う洋服を知ることです。

骨格のタイプは3つに分けることができます。

 ストレートタイプ

 ウェーブタイプ

 ナチュラルタイプ

それぞれの特徴をかんたんにご紹介させてくださいね。

type!

ストレートタイプ

f:id:miyamarin:20161027145218p:plain

出典:http://www.colornavi.net/kokkaku/

 メリハリ・グラマラス

 太ると、上半身がむちむちしてくる

 肩のラインは筋肉質でしっかりとしている

 へその位置は上の方

 ひざの位置は上の方

 腰骨の位置は上の方

 お尻の位置は高い

 胸板は厚い

ウェーブタイプ

f:id:miyamarin:20161027150217p:plain

出典:http://www.colornavi.net/kokkaku/

 華奢・曲線

 太ると下半身がぷよぷよになる

 肩のラインは柔らかな曲線

 へその位置は下の方

 ひざの位置は下の方

 腰骨の位置は下の方

 お尻の位置は低い

 胸板は薄い

ナチュラルタイプ

f:id:miyamarin:20161027154337p:plain

出典:http://www.colornavi.net/kokkaku/

 しっかりとしたフレーム

 基本的に太りにくいが、顔につく

 肩の関節がぼこっと目立つ

 へその位置は上でも下でもない

 ひざの位置は上でも下でもない

 腰骨の位置は上でも下でもない

 お尻の位置は高くも低くもない

 胸板は厚みより骨が目立つ

自己判断の方法

スポンサーリンク

 

  1. 上にある骨格別のシルエットを見て、特徴を頭に入れます
  2. 裸になって、全身を鏡で見てみてください。正面と横から見ます
  3. 正面からは、へそひざ腰骨の位置を確認します
  4. 横からは、お尻の位置や形、胸板の厚みを確認します

わたしは、肩のフレームでわかりました。全体的にごつごつしています。関節がけっこう目立ち、痩せているわりに、骨が太いと思いました。

自己判断はむずかしいとは思いますが、じっくりじぶんの体型を見てみるというのも、何か新しい発見があるかもしれません。

理想のプロポーションにする!ボンキュッボンを目指して!!!

ウェーブタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20170713165056j:plain

出典:http://www.icb-image.com/test/parsonalcolor/kokkaku.html

真ん中がウェーブタイプです。他のタイプと比べると、全体的にへそも膝、腰、おしりも下にあり、下重心です。

出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいるのですが、全体的に下なので、お洋服で調整して、上重心にします。

では、イラストの彼女をスタイルよく、見せるためにはどうすればよいでしょうか。

  • 着丈の短いトップスを着る(腰骨より上)
  • シンプルすぎるものはさける(襟元を華やかにする)
  • ボトムスはジャストウエストのものを着る(ウエストインがよい)

どうでしょうか。このようなトップスを、イラストの彼女に着せてあげてください。重心が上がって、スタイルよくみえませんか。

背丈によって、腰骨の位置が変わるので、背の低い方は、ほとんどのトップスの着丈が長くなるので、ウエストインやベルトを使って、「X」ラインを意識して、コーディネートしてみください

ナチュラルタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20170713165056j:plain

出典:http://www.icb-image.com/test/parsonalcolor/kokkaku.html

骨や関節が目立ち、体のフレームがしっかりしています。理想的なプロポーションというのは、メリハリのあるボディです。ナチュラルタイプは、出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいる、というものからほど遠いのです。平面的です。

さて、イラストの彼女をどのようにしたら、ボンキュッボンにしてあげられるでしょうか。

  • 体のラインの目立たないものを着る
  • 着丈は長いもの
  • 地厚でボリュームのあるもの

お洋服自体にフレームがあるものを選び、メリハリをつけることです。変形デザインのものなど、重心をあいまいにするコーディネートもお似合いになります

ストレートタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20170713165056j:plain

出典:http://www.icb-image.com/test/parsonalcolor/kokkaku.html

欧米人に多いタイプです。立体的でメリハリのあるボディ、上重心!まさに「ボンキュッボン」なのです。理想的なシルエットの持ち主です。

スタイルのよいモデルさんや女優さんは、このタイプの方がほとんどですね。

さて、イラストの彼女にどんなお洋服を着せてあげましょう。

どんなお洋服もお似合いになるような気がしますが、筋肉質で、ハリのある体つきなので、着太りをしないようにしてあげるとよいですね。

  • 着丈は腰骨にかかるくらいのもの
  • ハイゲージの上質なシンプルなトップスを選ぶ
  • ボトムスの丈は膝上

「I」ラインを意識して、コーディネートしてみください

。とにかくシンプルなものを選びます。デザイン性があり、飾りたてたものを着ると、太ってみえます。

日本人に多い体型

断トツ、ウェーブタイプが多いようです。だから日本のメーカーは、ウェーブタイプの方がお似合いになるようなお洋服がたくさん売っています。

最近はカジュアルで、ナチュラルなお洋服が流行していますが、それでも、ウェーブの方がお似合いになる、ウエストシェイプがどこかしらにほどこされているものが多いように思います。

さいごに

自己判断でどこまでわかるかをご紹介させていただきました。正確にお知りになりたい方は、プロの方にお願いしてくださいね。

じっくりごじぶんの体型をご覧になったことがない方がほとんどだと思います。この機会に観察してみてください。

何となく選んでいたお洋服で、似合う似合わないの理由がわかって楽しいはずです。

ウェーブとナチュラル、ストレートタイプのじぶんなりの分析でした。少しでもお役に立てれば幸いです。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

お手間を取らせて恐縮ですが、よかったらポチっと応援してくださると嬉しいです  

にほんブログ村 ファッションブログへ
 にほんブログ村

スポンサーリンク

 

おまけ:関連書籍

  服の断捨離

この二冊は写真つきのコーディネートの本ではなく、読みものです。いちばん最初に読んでいただきたい本です。お洋服に対する思いが変わるはずです。

  コーディネートの実例の本

無印良品やユニクロを組み合わせながらのコーディネートはとても参考になります。かなりの種類のコーディネート例があるので、見ごたえがあります。

この二冊は、少ない数のお洋服でいかにうまくコーディネートをするかのテクニックが書かれていて、シンプリストさんにおすすめです。

最近のお気に入り 

f:id:miyamarin:20170428203636j:plain

この組み合わせいいなと思うものがたくさんあります。かなりヒントを頂いています。すごくおしゃれです。

  骨格診断についての本

『一生使える服選び』の著書である森本のり子さんが書かれた本で、イラストつきでとても分かりやすく、骨格診断についてお知りになりたい方はこれがおすすめです。

利用させていただいている画像は、すべて使用許可をいただいております。

 

下記の記事でブランド・ノーブランドの高価買取をしてもらう方法をご紹介しております。よかったらご覧くださいね。

 【買取サービス比較】ブランド・ノーブランドの洋服を高価買取してもらう秘訣