Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【レディースファッション】【骨格診断】自己判断でどこまでわかる!?

ファッション

スポンサーリンク

骨格診断をプロにお願いするほうがいいのか?

f:id:miyamarin:20161213123519j:plain

骨格診断は、プロに診断してもらうと正確にわかります。でも何万もだしてまではと思われる方もいらっしゃいますよね。

素人が、どこまで判断できるのでしょうか。かなりむずかしいとは思いますが、やってみたいと思います。

わたしは、骨格診断のきちんとした理論を学んではいません。本や雑誌などから勉強しました。好きが高じて、このような記事を書いています。

正しい情報ではないかもしれません。そのことはご理解くださいますよう、お願いいたします。

さて、わたしの友だちには、骨格診断の3タイプ、それぞれいます。

エルムはウェーブ。ヨルガオがストレート。ポポーとわたしはナチュラルです。

彼女たちと話しながら、気がついたことがありました。それをふまえて、特徴をお話ししたいと思います。よろしくお願いいたします。

それぞれのタイプの友だちにインタビュー

ストレートタイプのヨルガオ

おへそから上にお肉がつきます。腕と上腹部ね。逆三角だよ。

ウエストがあまりないのよ~

グラマラスでうらやましいけど。ハリウッド女優に多いよね。

 

ウェーブタイプのエルム

下半身デブがいちばんの悩み!!!

あとはね、巻物が似合わない。顔が大きく見える。もしくは大きいのか。

いやいや、顏小さいよ。下半身デブかな~ 細いよ。

可愛い洋服が似合ってうらやましい!

 

ナチュラルタイプのポポーとりん

手足が長くて、貧相に見られやすい。メンズみたいなの。

貧相に見られるのはわかるけど、手足は関係あるのかな?

1キロ2キロ増えただけで、顏に肉がつかない?

つくつく。太ってないのに、すぐ太った?って聞かれる。

お腹がぽこっと出ない?(笑)

でる!痩せるとお尻の肉が落ちない?

落ちる!

 

骨格タイプ別のシルエット

それぞれの特徴:正面

f:id:miyamarin:20161213124153j:plain

一言でいうと

ストレート:メリハリ・グラマラス

ウェーブ:華奢・曲線

ナチュラル:しっかりとしたフレーム

太り方

ストレート:上半身がむちむちになる

ウェーブ:下半身がぷよぷよになる

ナチュラル:基本的に太りにくい

肩のライン

ストレート:筋肉質でしっかりとある

ウェーブ:柔らかな曲線

ナチュラル:肩の関節が目立つ

へその位置

ストレート:上の方

ウェーブ:下の方

ナチュラル:上でも下でもない

ひざの位置

ストレート:上の方

ウェーブ:下の方

ナチュラル:上でも下でもない

腰骨の位置

ストレート:上の方

ウェーブ:下の方

ナチュラル:上でも下でもない

それぞれのシルエット:横

f:id:miyamarin:20161215120740j:plain

胸板

ストレート:厚い

ウェーブ:薄い

ナチュラル:厚みより骨が目立つ

腰からおしりの位置

ストレート:上の方

ウェーブ:下の方

ナチュラル:上にあるが、お尻が平面で細長い

自己判断の方法

スポンサーリンク

 

上のイラストとポイントを頭に入れて、裸になって、全身を、鏡で見てみてください。正面からと横から両方ともです。けっこうわかりますよ!

ごじぶんのよいところより、悪いところのほうが気になります。

わたしは、肩のフレームでわかりました。まさにイラストのような骨のつきかたをしています。全体的にごつごつしています。関節がけっこう目立つし、痩せているわりに、骨が太い!!!それに横から見た腰とおしりのラインがね、かなり、大爆笑です(笑)

自己判断はむずかしいとは思いますが、じっくりじぶんの体型を見てみるというのも、何か新しい発見があるかもしれません。

理想のプロポーションにする!ボンキュッボンを目指して!!!

ウェーブタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20161216113211j:plain

f:id:miyamarin:20161215122337j:plain

真ん中がウェーブタイプです。他のタイプと比べると、全体的にへそも膝、腰、おしりも下にあり、下重心です。

出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいるのですが、全体的に下なので、お洋服で調整して、上重心にします

では、イラストの彼女をスタイルよく、見せるためにはどうすればよいでしょうか。

  • 着丈の短いトップスを着る(腰骨より上)
  • シンプルすぎるものはさける(襟元を華やかにする)
  • ボトムスはジャストウエストのものを着る(ウエストインがよい)

どうでしょうか。このようなトップスを、イラストの彼女に着せてあげてください。重心が上がって、スタイルよくみえませんか。

背丈によって、腰骨の位置が変わるので、背の低い方は、ほとんどのトップスの着丈が長くなるので、ウエストインやベルトを使ってコーディネートしてみください。

ナチュラルタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20161216113016j:plain

f:id:miyamarin:20161216113032j:plain

骨や関節が目立ち、体のフレームがしっかりしています。理想的なプロポーションというのは、メリハリのあるボディです。ナチュラルタイプは、出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいる、というものからほど遠いのです。平面的です。

さて、イラストの彼女をどのようにしたら、ボンキュッボンにしてあげられるでしょうか。

  • 体のラインの目立たないものを着る
  • 着丈は長いもの
  • 地厚でボリュームのあるもの

お洋服自体にフレームがあるものを選び、メリハリをつけることです。変形デザインのものなど、重心をあいまいにするコーディネートもお似合いになります。

ストレートタイプのシルエット調整

f:id:miyamarin:20161218102503j:plain

f:id:miyamarin:20161218102511j:plain

欧米人に多いタイプです。立体的でメリハリのあるボディ、上重心!まさに「ボンキュッボン」なのです。理想的なシルエットの持ち主です。

スタイルのよいモデルさんや女優さんは、このタイプの方がほとんどですね。

さて、イラストの彼女にどんなお洋服を着せてあげましょう。

どんなお洋服もお似合いになるような気がしますが、筋肉質で、ハリのある体つきなので、着太りをしないようにしてあげるとよいですね。

  • 着丈は腰骨にかかるくらいのもの
  • ハイゲージの上質なシンプルなトップスを選ぶ
  • ボトムスの丈は膝上

「I」ラインのを意識してコーディネートしましょう。とにかくシンプルなものを選びます。デザイン性があり、飾りたてたものを着ると、太ってみえます。

コーディネートの方法はハリウッドセレブを参考に!

日本の雑誌でもよいのですが、長身のモデルさんたちはスタイルがよすぎるので、ほとんどのお洋服が似合います。しかもプロのスタイリストさんがコーディネートをしているので、似合う似合わないは全くわかりません。

流行を知るために読むのはよいと思いますが、スタイリング術を学ぶにはむずかしいと思います。

わたしがおすすめするのは、ハリウッドセレブのスタイルブックです。いろんな体型の方のスナップで、しかも私服姿がずらりと並んでいます。何となくですが、似合っているとか、似合ってないとかがわかります。面白いです。

テイラー・スウィフトは、ウェーブタイプがお似合いになる、ウエストマークのファッションを好んでされています。また着丈の長いトップスには必ず、ミニ丈を合せています。

オリビア・パレルモは、細ベルトでウエストマークをするスタイルを好んでいます。このテクニックはウェーブタイプの方の参考になると思います。彼女はいろんな洋服を着こなせるので、ナチュラルタイプが似合うものは参考にしています。

日本人に多い体型

断トツ、ウェーブタイプが多いようです。だから日本のメーカーは、ウェーブタイプの方がお似合いになるようなお洋服がたくさん売っています。

最近はカジュアルで、ナチュラルなお洋服が流行していますが、それでも、ウェーブの方がお似合いになる、ウエストシェイプがどこかしらにほどこされているものが多いように思います。

こちらの記事で、ウェーブタイプの方がお似合いになるお洋服をご紹介しています。

ナチュラルタイプはこちらです。ご参照ください。

ストレートタイプはこちらです。ご参照ください。

番外編:男性の骨格診断

基本的に、男性も女性の骨格の3つパターンと同じです。

ストレートタイプの方は、筋肉質で、体に厚みがあり、上重心です。ウェーブタイプの方は、線が細く、体に厚みがなく、下重心です。ナチュラルタイプの方は、関節が目立ち、しっかりとしたフレームが特徴的です。

さいごに

自己判断でどこまでわかるかをご紹介させていただきました。正確にお知りになりたい方は、プロの方にお願いしてくださいね。

じっくりごじぶんの体型をご覧になったことがない方がほとんどだと思います。この機会に観察してみてください。

何となく選んでいたお洋服で、似合う似合わないの理由がわかって楽しいはずです。

ウェーブとナチュラルタイプのじぶんなりの分析でした。少しでもお役に立てれば幸いです。

さいごまでご覧くださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク