Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【圧力鍋】【ゆで豚】チャーシュー(煮豚)の作り方(レシピ)

圧力鍋レシピ 煮物・煮込み

スポンサーリンク

圧力鍋でかんたんにチャーシュー作り

f:id:miyamarin:20170111170633j:plain

ゆで豚を作ったら、そのままたれをつけていただいてもよし、薬味をつけていただいてもよし、いろいろな楽しみ方があります。今回はチャーシューを作りました。ついでに味付け卵も。もちろん、圧力鍋がなくても作ることができます。

ご紹介させてくださいね。

材料(2人分)

  • 豚かたまり肉 300g
  • 下ごしらえ用
  • 白ねぎ(青い部分) 10cm
  • しょうが 1かけ
  • かぶるくらいの量
  • ゆで卵 2個
  • 煮汁
  • ゆで汁 1カップ
  • しょうゆ・酒 各大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • しょうが・ニンニク 各1かけ

下ごしらえ

f:id:miyamarin:20170111171238j:plain

  1. 圧力鍋に、豚肉と白ねぎ、しょうが、かぶるくらいの量の水を入れて、アク抜きをします
  2. アクが出なくなったら、圧力鍋のふたをして、さいしょは強火で、圧がかかったら、弱火にして、20分ゆでます
  3. ゆで卵を作ります
  4. しょうがとニンニクは千切りにします

ゆで豚のくわしい作り方はこちらをご参照ください。圧力鍋を使わない方法です。

作り方

f:id:miyamarin:20170111171631j:plain

f:id:miyamarin:20170111172003j:plain

f:id:miyamarin:20170111172100j:plain

  1. 鍋に煮汁の材料としょうが・ニンニクを入れて、ゆで豚を加えます
  2. 沸騰したら、弱火で煮汁が半分くらいになるまで煮詰めます
  3. 粗熱が取れたら、ジップロックに2とゆで卵を入れて、冷蔵庫で1晩寝かせます
  4. お好みの厚さに切って、器に盛ります

ゆで豚を煮汁で煮詰めるとき、ときどき上下に返して味をまんべんなく、含ませてください。また味を濃くしたい場合は、しょうゆを大さじ2ではなく、大さじ3にしてください。

チャーシューと煮豚の違い

チャーシューは焼き豚のことです。

煮豚は、その名の通り、煮汁で煮ます。

一般的に、ラーメンの上にのっているチャーシューは焼いていないことがほとんどです。本当はチャーシューではなく、煮豚なのです。

ご紹介したのは煮豚ですが、チャーシューとしたほうがイメージしやすいと思い、料理名をチャーシューとしました。

さいごに

チャーシューの作り方のご紹介でした。いえ、煮豚ですね(笑)豚のかたまり肉が安く売っていたら、ぜひ購入してゆで豚を作って、チャーシューにしてみてください。

牛すじ肉やすね肉は、圧力鍋がないとけっこう大変ですが、ゆで豚はふつうの鍋で作ることができます。

ゆで豚で作るチャーシューはよけいな脂を取りのぞいて作っているので、さっぱりとした味で、おいしいです。

ぜひ試してみてくださいね。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

おまけ:りんの独り言

昨日、1月10日で、ブログをはじめて、ちょうど半年が経ちました。加えて、おばあちゃんがこの世を去って、過ぎていった時間でもあります。

わたしがこうして料理のブログを書き、じぶん自身も楽しむことができ、ほんのわずかでも誰かのお役に立っているかもしれないと思うと、おばあちゃんが遺してくれたものの大きさに、感謝せずにはいられません。

もらったレシピノート以外に、形見でもらったおばあちゃん自身のレシピノート。それにはわたしの知らないお料理のレシピやメモがあり、作ってみたいと思うものがたくさんあります。走り書きだったり、調味料の分量が載っていなかったり、くせ字が強すぎて解読不可能だったりします。どうしたものでしょうか(笑)気長におばあちゃんと向き合っていこうかな。まだまだ時間はたっぷりあります。

これからも、この「たにまのひめゆり」を、おばあちゃんとともに、大切に育てていきたいと思います。

このたび、ブログのカスタマイズを、ゆきひーさんにご協力していただきながら、かなり変更いたしました。本当に感謝申し上げます。

またその時々で、貴重なアドバイスをくださる方々に深くお礼申し上げます。

Special thanks to:stayくん つっちーさん yukihyさん catnoseさん