たにまのひめゆり

この世に遺したい『レシピノート』

【金属アレルギー】皮膚炎でかゆくなる方へ:ピアスホールを大きくする!

スポンサーリンク

ピアスホールの拡張

f:id:miyamarin:20170713163210j:plain

ピアスホール拡張する理由

こんにちは。

前回、金属アレルギーが出にくい金属と、金属アレルギーを予防するためのピアスコートのご紹介をさせていただきました。

今回も、引き続き、金属アレルギー反応を出にくくする方法のご紹介です。

ピアスホールを拡張すると、風通しがよくなり、アレルギーが出にくくなります。

個人差がございますので、ご了承ください。またピアスホールの拡張のさい、皮膚トラブルが起こりましたら、皮膚科を受診してくださいますよう、お願いいたします。

ピアスホールのサイズについて

ピアスのポストには太さがあります。G(ゲージ)という単位で表します。20Gから0Gまであります。Gが小さくなるほど、ポストは太くなります。

20G...0.8mm
18G...1.0mm
16G...1.2mm
14G...1.6mm

ファーストピアスのゲージは16Gで、太さが1.2mmあります。

一般的なピアスのポストの太さは、18Gのものが多く、とくに日本製は、18Gより細い20Gのものもあります。海外製は、16Gのものが多く、日本製に慣れている方は、入らないということがよくあります。

またピアスを四六時中、つけっぱなしでいらっしゃる方は少ないですよね。日ごろ、つけるものが、18Gのものが多ければ、ピアスホールが、どんどん小さくなってしまいます

このことがアレルギーを引き起こす原因の1つでもあります。

ピアスとピアスホールの間にある程度、隙間があるほうがよいとされています。

金属アレルギー反応の可能性を低くする方法 3

ニードル(拡張器)でピアスホールを拡張する

ファーストピアスを今でもお持ちの方は少ないと思いますが、あれば、一度つけてみてください。きついようでしたら、16Gより小さくなっています。

その場合、アレルギーが出やすいので、16Gまたは14Gにピアスホールを拡張することをおすすめいたします

こちらは18Gです。

16Gで、ファーストピアスと同じ太さです。わたしは、ここで止めました。

こちらは14Gです。

ニードルの使い方

f:id:miyamarin:20170718183616j:plain

f:id:miyamarin:20170718184043j:plain

  1. ニードルに、軟膏をつけます
  2. ゆっくりとピアスホールに入れていきます
  3. 無理に通さず、1日1回、ゆっくりと行います

18Gからはじめました。ピアスホールが18Gであれば、すっと通ります。ピアスホールが、20Gほど小さくなっていれば、引っかかります。通るまで、この拡張器をピアスホールに少しずつ入れていくのですが、1回で通す必要はありません。痛いと思ったら、次の日に挑戦です。

拡張中のピアス

ピアスホールを維持するためのピアスが必要です。18G、もしくは16Gのピアスをつけます。またピアスの軸の長さ(シャフト)ですが、6mmから8mmがよいとされていますが、8mmをおすすめいたします。長いほうがアレルギーが出にくいとされています。

可愛げがないですが、シンプルです。

他にもいろいろあります。お好みのをお探しくださいね。

拡張中のピアスにも軟膏をつけてください。

消毒

最低、2週間は、同じGをお付けください。また拡張した数日間は、ピアスをとって、ポストに軟膏を塗って、つけ直すということをしてください。化膿する可能性があります。

ピアスホールを開けたときの専用の消毒液があります。

もし、化膿するようなことがあったら、必ず皮膚科の医師に相談してくださいね。

16Gにしたピアスホール

f:id:miyamarin:20170718185215j:plain

お見苦しくて申し訳ございません。ピアスホールが2つありますが、右の方は閉じました。いちばん左のは、ほくろでございます(笑)

16Gにしたピアスホールは、よくみるとホールの向こうが見えます。ピアスと皮膚の間に隙間ができたことにより、風通しがよくなりました。

金属アレルギーだけではなく、いろんな外的刺激を受けて炎症を起こすことがあるのですが、ホールを拡張したことにより、ピアスによって炎症が出ることがほとんどなくなりました。

ホールを拡張するのは、ちょっと怖いと感じるかもしれません。少しでも嫌だなと感じる方は、絶対にしないでくださいね。

スポンサーリンク

 

さいごに

金属アレルギー反応を出にくくする方法のご紹介でした。

アレルギーがあるとわかっていても、ピアスはつけたいと思っています。なるべく炎症が起こらないようにしたいと考え、調べて今に至ります。

ご自分の肌状態と相談しながら、おしゃれを楽しんでくださいね。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク